居酒屋のお通しを断って飲み代を安くする

居酒屋でビールを頼むと、お通しがでてきますけど、これ、そんなに欲しくないものだったら、断ることができます。

どこでも通用するわけではないですけど、お店によっては、お通しを断れば、料金から引いてくれるところもあるのです。

お通しというのは、酒の肴という位置づけで、料金が明記してなかったりしますけど、けっこうお店の儲けになっています。

テーブルチャージの代わりと考えても良いでしょう。

頼んでもないのに、勝手にでてきて、料金取られてる! と考えると腹ただしくなりますね。

いらないと思ったら、試しに断ってみましょう。300円くらい節約できるかもしれません。

(お通しをサービスの扱いにしているお店もありますので、そういうお店だと断っても料金は下がりません。)

お通しの料金カットできるお店の例

ワタミグループ・・・和民・わたみん家・仰天酒場・JAPANESE BARU「旨い屋」など
マルシェグループ・・・炭火焼・八剣伝・つどい処、酔虎伝・おしゃべり居酒屋・居心伝など
コロワイドグループ・・・甘太郎・NIJYU-MARU
チムニーグループ・・・はなの舞・チムニー・さかなや道場・漁鮮水産・豊丸水産など
大庄グループ・・・庄や・やるき茶屋・日本海庄や
モンテローザ・・・白木屋・魚民

他にもありましたら教えてください。

お通しを断わらない美学

上記のようなことを書いておいて何ですが、私はお通しを断ることはありません。

酒の肴として、お料理を注文する前に出してくるものですから、最初の印象を良くするために、お店としても気合がはいっておることでしょう。

私はお店の心遣いだと思っています。

おもてなしです。

お通しがダメなら、あとのお料理もダメでしょう。

そんなお通しを無碍に断るなんて、男がすたります。私は、たとえ自分の好みじゃなくても、喜んでいただきます。

それに、自分が選ばない、プロフェッショナルのチョイスって、いわゆるひとつの新しい出会いじゃないですか。出会いは人生の喜びでもあります。

また、300円やそこらのために、飲む前から、気の悪い交渉はしたくないです。今から楽しく飲もうというのに、そんなことで雰囲気が悪くなったら、300円以上の損失です。飲みに来た甲斐がありません。

そんなところで節約しようっていうなら、居酒屋に行く時点で選択ミスです。

酒を飲みたいなら、家飲みで発泡酒か、いいちこのお湯割り、外食したいなら、まいどおおきに食堂にでも行って、白飯と味噌汁と、あと一品だけで我慢すべきです。

コメントを残す