継続課金を解約する

長く生きていると、いろいろと無駄が溜まってくるものです。

その中でも今回は、無駄にお金のかかっている部分、無駄な出費を考えてみます。

その中でも、さらに取り上げたいのが、日々、財布から出ていく無駄遣いじゃなくて、黙っていても寝ていても、自動的に減っていくお金です。継続課金や自動引き落としになっているものです。

それらを、綺麗さっぱり整理してみたいと思います。

継続課金の一覧を作ろう

電気代や、新聞代など、自動引き落としのほうが楽です。払い忘れて督促されるのも気分が悪いものですし。

しかし、自動引き落としの継続課金になっているばかりに、やめられない、もしくは実質的に利用していないのに、お金だけ支払っているというものはないでしょうか?

口座からの自動引き落としや、クレジット払いになっているものを、確認し、洗い出してみましょう。

Webから申し込んだものなど、何の費用かわからないまま、長い間払い続けているなんてことはありませんか?

口座自動振替だけでなく、クレジットカード払い、このごろはペイパルやらペイジーやら、いろいろあります。通帳を見たところで、いったい毎月引き落とされているこの費用は、なんのぶんだ? さっぱりわからん、ということもありえます。

そういうのを、合計してみると、恐ろしい金額になっているかもしれません。

無駄になっているものは解約しましょう。

無駄リストを作る

すべての支払いを洗い出して、リストを作ってみるのもおすすめです。不明なものを不明なままにしておかないことです。毎月のものもあれば、年に一回というものもありましょうから、一年分の通帳とかクレジットの明細をじっくり眺めましょう。

そして、内容を明らかにしたら、無駄なものを振り分けましょう。

私の場合、ずいぶん前に入会した自己啓発系セミナーの会費などがありました。月3000円ほど、それほど高額というものでもなく、会自体も悪いものではありませんが、もう何年も参加しておりません。毎月送ってくれる機関紙もほとんど読んでおりません。無駄です。

NTTのサービスでモバイルWi-Fiなんてのもありました。機器のレンタルが300円、利用料が900円です。毎月1200円払ってましたが、このWi-Fiは電波の入りがいまいちよろしくなく、このごろはiPhoneのデザリングばかり使っておりました。まったく無駄です。

もはや更新していない、アクセスも見込めないブログのドメイン代やレンタルサーバー代も結構かかっておりました。無駄です。

とくにネットから申し込みしたようなものは、継続課金で自動で支払っているものが多いと思います。

無駄な発見したらやめましょう。

クレジットカード、銀行口座を解約。

いざ解約しようと思ったら、解約の方法がわからないということは大いにあります。

サイトのどこにも解約の方法が載っていないとか、そもそもログインパスワードを忘れてしまったとか。

電話しようにもつながらないとか。

そういった場合の手段として、自動引落を止めるという方法もあります。銀行の窓口で、預金者都合による振替停止ができるのです。必要書類は、窓口で記入する一枚だけ。

手続きするとき、「先方にはお伝え下さいねー」と言われますけど、放置してしまえばよいでしょう。

数が多すぎて、わけわからんという場合、さらに荒業ですが、銀行口座やクレジットカードを解約するという手があります。

必要な支払い先もあるかと思いますが、ほっといても督促状がきますので、必要なところにだけ、支払うようにすればよいのです。いらないところは、放置しておくか、連絡が来た時に解約を申し出るとか。

(銀行口座の解約は、給料とか報酬の振込先にしていたりすると、困ることがありますので、事前に連絡して変更してもらっときましょう。)

そして、スッキリ身軽になったら、もうなるべく自動引落は利用しないことですね。

コメントを残す